2013-01-22_00010

男性用美顔MODテクスチャの違いとNPCの顔

2013-01-22_00012
内戦の後ホワイトランにいったらヘイムスカーが大変な事に!
うわ、すっごい罪悪感と思ったけど本人何だか喜んでいるみたいだし、
2013-01-17_00002
こんな事も言われてたからむしろ良かったのかもしれない。
 
割と気をつけてメモも取りつつ遊んでいるのですが、色々なキャラクターやら種族やらを次々入れ替えていたら、
テクスチャーがどうなっちゃったのか良く解らなくなってしまいました。

2/12追記

自分の男性の外見的な好みとしては、Witcher2のゲラルトとかメタルギアのスネークなので、バニラでも多分問題はないです。

ただ色々なお着替えを楽しみたいが為に女性でのプレイをしているので、そうなると世界観ぶっちぎってやはり美しく作りたくなってしまう。
それでちょっとでも違和感を減らすように男性用の美化MODも入れようと思ったのが切欠でした。
実際に入れてみたらこの人がこんなんなったので♂キャラの美化にも激ハマリしてしまったのです。

男性美化MODは
Fine Face Textures by Urshi
Smooth Faces for Ladies and Gents
のどちらかを使用しているのですが大きな違いとしてUrshiはアイラインが濃くなり肌がツルンツルン、髭剃り跡もほぼ無くなるのです。
なので、ヘアスタイルの記事で作った若い男性にはUrshiの方がハマります。


最初に使ったSmooth Facesの方は壮年期~の男性や、NPCの美化目的に使うと自然で美しく見えます。

それにしてもシセロは美しすぎますね。MODを当てただけで整形などは一切していません。
自分で作った人工美のフォロワーなんかよりもよっぽどイケメンです。
MODを入れないと整ってはいるけれど歳相応にシワっぽいおじさんなのですが、
日記の最初の方から人物像を読み取る限り、意図的に美形に作ってあるのかもしれないと深読みしたくなってしまいます。
シセロ絡みになるとやたらと長いのでまた今度その辺の熱い滾りもダラダラ書こうかと。

WS001734
malehead_msn.dds ノーマルマップ、顔の凸凹情報の違いです。
これを差し替えるだけでも印象がガラっと変わります。
若い男性の時はUrshiを入れてから一番右のsmooth_face_v3で上書きしています。
malehead_msn.ddsは種族別で上書きできるため、シセロの場合はImperial maleを上書きせずにLadies and Gentsのみで使用しています。
組み合わせの好みや管理などはskyrimキャラメイクwikiで細かく記載されております。

NPCの中でも割りとどうでもいいやつはどうでも良い顔をしているようで、とりあえずヘルゲンで撮り比べしてみました。

左がSmooth Facesで右がUrshiです。
やっぱりモブはモブだなぁって顔していますよね。
目と鼻と口がついてればいいやみたいな。
Ultimate NPC Face Unlocker でちょろっと流し見したら、何だか解らないおっさんもやたら美形なのが居たりしたので、担当した人の趣味や遊びも少しは入っているんだろうなーと思います。

顔の造詣については完全に好みですし美観もさまざまなので、これという正解の無いのが難しくもあり楽しいところです。
そしてそれを突き詰めていくのもこのオブリ~スカイリムの大きな楽しみになっていますよね。

私自身は大人というか若干歳を取っている方が男性も女性も好みなので、決してショタコンというわけではないのですが、
造詣としてロリが作れるようになったならショタが作れてもいいかなぁなんて、ついついMODを探してしまいます。
ええ、決してショタコンという訳ではないのですが。

管理人承認後に公開です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中