FallOut 4

12月から解禁してしまった。日本語版待てなかったてへへー。
サブ機だとかなり描画下げないと動かないくらいの要求スペックでありますが、割とのっぺりとした表現なのでどこがそんなに重い?って印象です。
MODがんばり過ぎて本編どうでも良くなってしまうのがベセゲーなので、とりあえずVanillaで二~三周はします。

まだ数時間しか遊んでませんがなかなか辞められない中毒性は流石。
辞められないとかではないか、気がついたら凄い時間が経過しているというのが正しい。

続きはコンソールやSSもちょこっとあるのでネタバレ注意。
続きを読む »

男子だけパンツ丸出し事件

アイキャッチはFF11ラストミッションのヒロインよりイロハちゃん14バージョン。
星唄コラボでエオルゼアにも遊びに来てくれました。
記事のタイトル?「守護天節2015 男性装備」でチェキッ

FF14無料ログインキャンペーン
12/1~12/31の期間限定で入った日から3日間無料。
この大変な時に三日だけでも無料開放は思い切った。
正直言って期間中にイシュガルドに入れない人には見てほしい所は伝わらないと思うし、もうちょっとやって先進みたいと思って貰えないかも。


FF11無料期間で3章冒頭まで遊んできたのですが、両方遊んでいると14の方のイベントも泣ける演出でしたし胸がかーっと熱くなって感極まりました。
youtubeに動画ありました
途中でリタイアして追加ディスクも買ってないユーザーが星唄ミッションを最後まで見られるのはいつだか解らないので上がっているムービーで「すべてが星の唄となる」を見ましたがマジ泣き必至。

FF14はかなり下火になったので今年から継続課金してません。
今回は新しい極蛮神と戦えるパッチなので慌てて一ヶ月だけ課金して遊んできました。
これまで大きいパッチタイミングでちょこっと戻って遊んでいたのですが先がもうないと感じたのは今回が初めてかも。
新ディスク後まったくやってない嫁向けにわかりやすくFF11で説明すると、アビセア3部作終ってVWとなんだっけ・・なんかアライアンスでやるBOSSが実装されたあのあたりかな。
強化素材のメタルだったかが1500、そんな頃みたいな。

排出量が想定より多かったから後のパッチで下方修正したりドロップの低い物を大量に要求して締め上げる。
エンドの拡大に力を入れてそちらに人が行くように誘導したらどんどん解約していった。
現在の雲海の事言ってるんじゃなくて過去にFF11でこういう時期があったよって話です。
なのですぐ次のパッチ予定の武器強化クエはドロップの低い物を大量に要求するという部分が該当するのかなと思ってます。

とりあえず悪いのは後回しでFF14の素敵なところを。
続きを読む »

WBキャンペーンinFF11 15年5月

ss1506
玄関あけたら2秒でイベントムービー。

星唄ミッションのアップ終了で全アプデも終了、今後はサービスがスマホ向けになるよという発表で現役ユーザーも過去に遊んでいたユーザーも激震させたのが二ヶ月前ですが、
15日から無料で10日間もインできるキャンペーンが始まりました。
それだけ長い期間遊ばせるって事は復帰者への導線が整ったのかな?と思いまして、せっかくですからこの機会に星唄ミッションを実装分まで遊んでみる事にしました。
キャンペーン実施は今回で9回目、前回戻ったのはスプリガンやスライムのアイテムが貰えるコラボ企画の時の6回目で記事はこちら
1年半振りですね。

FF14は26日の火曜日から再開して新パッケに向けての最後の調整をするつもりでしたので、非常にちょうどいい日程で組んで貰って本当にありがたや~!

続きを読む »

なんとか霊災

何だか数年前にタイムスリップしたかも?
下書き記事にメモを取って手直して公開してますが、課金が止まったまま書くってのもまた物悲しい。
下書き始めた時はまだ遊んでました。

FF14解約しちゃってます。アカウントやキャラはあるので休止というのが正しいのかな。継続課金を切りました。
6/23に新しいパッケが出るので長ければそれまでお休みになるかもですが、いい情報がいっぱい出てできるだけ早く再開できればいいなと思っています。
従来の緩和方式で今すぐ各コンテンツに人が沢山きてくれるような対策が特にないようであれば、アーリーで再開できても、今後3ヶ月まとめての課金はできない雰囲気だなぁと感じます。

作り直してから十分がんばったと思います。実際楽しかったしとても遊びやすい良いゲームになっていました。
国産で安定したサービスとコンテンツをこの値段で遊ぶのはこのタイトル以外ではありえなかった。
まるでサービス終了みたいな言い様ですがあの末期見てしまったらそんな気持ちでいっぱいになっちゃった。パッケまで4ヶ月近く時間空くので今からでもなんとかして欲しい…ならないか…。

やりつくして今から4ヶ月やる事が見当たらないから課金止めたのではなく、できればずっと遊んでいたかったです。
新しいゲームをつなぎでやるのも億劫だし、リアルがドタバタなので日常や日課はメンタル面の保護で出来るだけ変えたくなかった。
ところがパーティーが何時間も組めない、マッチングしないで時間だけ無駄にすぎるので、このままだと月額がまるっきり無駄になるからどうしようもないね、という
MMO末期特有の状態。

続きを読む »

The Long Dark

年末年始にめちゃくちゃお勧めなゲームです。Versionは183の物を記事にしています。
「雪に覆われて外部との接触が出来ないカナダ(多分)に取り残されてサバイバルして何日生き残れるか?」
というアドベンチャーゲームそれがこちらThe Long Dark。
そこそこ低スペック機でも遊べるんではないかな?
ゾンビやモンスターの居る世界ではなく外敵はオオカミだけになっています。1月予定のアプデで外敵動物や狩り出来る動物の種類が増えるそうです。

現在アーリーアクセス中でSandBox版のみ遊べますが、Storyモードもあります。
日本語ローカライズはありませんしこの先も無いかも?
UIも良く操作も簡単だし、単語の理解だけで遊べるのでアドベンチャー好きな方もそうでない方も是非。

STEAMでアーリーアクセスできますので貼っておきます→ストアページ

Youtubeやニコニコで日本語実況動画がいくつか見つかるのでそちらを参考にして操作やコツを覚えていくのもいいかもしれません。

続きはネタバレを含む操作説明なので閲覧注意で
*少し加筆修正しました
続きを読む »

2014年お疲れ様でした

ふぁ~!ほったらかして居たら今年もブログに雪が降っていたー!
いい感じに放置しておりますがみなさま今年も一年お疲れ様でした。
今年は走り出しの早いインフルエンザですが予防接種も済ませておりなんとか回避して過ごしています。

洋ゲも色々遊びつつオンラインはFF14を続けていて4k円出して結婚式の衣装まで購入しました。
Witcher3の発売が2月→5月に延びたことで大打撃を受け真っ白に燃え尽きていたのですがなんとか生きています。
Witcher2の備忘録もブログに書いておきたいですね。

FF14は先日FAN FESTIVAL2014がありました。
ゲストのみなさん結構辛辣な意見をズバズバおっしゃるもんで、見ているこちらが何か胃がキリキリとする場面も多かったです。
もう国産に限らずMMOってジャンル自体無理なんだろうなって危機感は、ソシャゲやF2Pとかが普及してからずっと感じてはいましたが、開発が努力して努力してそれでもなかなか響いて来ないってのは遊んでいるだけのユーザーの立場からしても切ないものがあります。

ボリューム自体は少なめで出来ることが一本なのだけど、アプデも定期的で結構頻繁、告知や不具合修正も迅速、今まで遊んだ物の中でズバ抜けてサービスサポートが優良なゲームそれがFF14だと感じています。
サポートデスク何回か利用しましたが対応が非常に良かったです。
あとゲームの出来からみてお値段も相当安いです。

リローンチからの一年以上FFXIVで遊んで感じたのは、自分が昔から知っているネットゲーム全般から一番変わったのは作り手側のシステムとかゲーム内容ではなかった。
それを利用するユーザーの好みや行動が全然違う物になっているのではという事でした。

続きを読む »

復帰者はカータライズの夢を見るか?

今日から無料ログインキャンペーンなので復帰した人にはちょうどいい導線になりそうな事をTeneraでやってきました。
FF14無料ログインキャンペーン2014年8月22日(金)20:00 ~ 9月1日(月)20:00頃まで

Teneraさんのスペック
2.0のメインクエスト終わったまま放置
サブのためFCやLSを持たずにとりあえずボッチCFオンリーでやってみる、クエなどのヘルプ募集を出すのも禁止

Teneraは休止者ではありません。放置しているサブキャラという位置付けになります。
メインクエストをなんとか一年がかりでちまちま終わらせたのがパッチ2.3直前の話でした。
続きまして後続救済レイド「クリスタルタワー古代の民の迷宮」に装備を取りに行こうとして愕然。
AFにイフケーン(レガシー産)ミリシアベルトにトルマリンアクセのIL50いかないくらいの身なりだと、クリタワFATEがソロでクリア出来なかったのです。
バディも当然ランク1でしたがバディを呼ぶっつー事すらできなかった…。呼べてても無理じゃないかなぁというしんどさでした。

なのでここで再度放置していました。

安心して休みながらでもすぐ追いつく…そういうゲームデザインにしている…とんだ嘘っぱちじゃねーか!
とこの時は思っていたのです。

続きを読む »